乳酸菌と青汁を合わせて飲んだ方がよい人とは?

不足している栄養を補うため、青汁を飲む人が多いでしょう。青汁は栄養価が高い野菜を使い、日頃は摂取できない栄養や不足してしまう栄養をしっかりと補い、健康のために役立ってくれます。人間が1日で必要とする栄養素を食事で摂取しようと思うと、毎日の食事が大変です。青汁なら気軽に栄養補給ができますよね。青汁で栄養を補うことができたら、プラスして摂取しておきたいのが乳酸菌です。青汁と乳酸菌を合わせて飲むことで、大きな効果を実感できる人もいます。

 

青汁で摂取できる栄養素とは

青汁の原料として使われている野菜には、ケールや大麦若葉、クマザサなどが多いですね。青汁で摂取できる栄養素はたくさんあります。まず代表的なのが、食物繊維ですね。それ以外には、人間にとってなくてはならないビタミンやミネラルなども青汁で摂取できます。野菜にはビタミンやミネラルがたっぷりですが、なかなか野菜を食べる機会って減っていますよね。特にビタミンやミネラルは生野菜に多く含まれているのですが、調理をして熱を加えてしまうと、その量は減ってしまう、といわれています。生野菜を毎日たくさん食べるのは大変なので、青汁で簡単に補えればいいですよね。

 

青汁と乳酸菌、同時に摂取できる「100億の乳酸菌が入った青汁」がおすすめ

青汁と乳酸菌は、誰にでも必要な成分をたっぷり含んでいます。ぜひ青汁と乳酸菌は合わせて飲んで、健康に役立ててください。
青汁とともに乳酸菌飲料を飲んで摂取することもできますが、世田谷自然食品の100億個の乳酸菌が入った青汁では、青汁を飲むだけで100億個もの乳酸菌を同時に摂取することができます。別々に飲むのは手間ですが、青汁1杯だけでいいので手軽です。とても飲みやすい青汁なので、続けやすいでしょう。青汁1杯だけなら、毎日の習慣にもしやすいですね。

100億の乳酸菌青汁特別価格はこちら