青汁を温めて飲んだらNG?

青汁の基本は常温で

青汁を飲む場合、製品として購入するなら粉状になっていることが多いですよね。粉を溶かして飲むのですが、基本としては水で溶かして、常温のままで飲みます。水を加えただけなので、青汁の栄養をそのまま活かすことができ、特に何も手を加えないので、栄養がなくなってしまう、という心配をする必要もありません。

 

飲みやすい飲み物で飲む

青汁をよりおいしく、自分好みにするためには、飲みやすい飲み物に入れて飲むこともできます。粉状の青汁は牛乳などと合わせるとおいしくて、ミルクの甘い味が広がるのでとても飲みやすくまろやかになるでしょう。それ以外にも、自分が好きな飲み物と合わせて試してみてください。おいしい飲み方が見つかるはずです。

 

お湯で溶かしてホットで

冷たい青汁は苦手、という人におすすめしたいのが、お湯で溶かして飲む青汁です。ここで問題になってくるのは、青汁の栄養成分がお湯で溶かしたことによって失われてしまわないのか…という点ですね。確かに、加熱をすることによってビタミンやミネラルは失われてしまう、とよくいいます。料理の時も、栄養が失われてしまうから、と生野菜の方がいいと聞いたことはないでしょうか。加熱することでビタミンやミネラルが死滅してしまうのは事実なのですが、青汁の場合は少し違います。既に粉状となってビタミンやミネラルが含まれているので、ある程度温めてもビタミンやミネラルなどの栄養素はなくなりません。あまりに熱く温めるのは栄養が損なわれる恐れがありますが、ある程度温めるぐらいなら大丈夫です。

 

ホットでも飲める青汁なら、より飲み方が増えておいしく飲めるようになります。自分なりのアレンジを考えて、おいしく飲む方法を見つけてください。
100億の乳酸菌が入った青汁も、水で溶かすだけではなく、温かいお茶の代わりに…などホットで飲める青汁です。乳酸菌は熱に弱いといわれていますが、温めて飲みながら乳酸菌を補えるのはいいですよね。料理にも使うことができるので、飽きずに長く続けられそうです。

 

100億の乳酸菌青汁特別価格はこちら